オコエ 梨田監督の“ダメ出し3連発”にもめげず「色々やってます」

[ 2016年11月12日 09:25 ]

秋季キャンプでシート打撃を行うオコエ

 倉敷秋季キャンプで楽天・オコエが梨田監督に「ダメ出し3連発」を食らった。1つ目はシート打撃で、1ボール2ストライクから低めの変化球を空振り。ワンバウンドで捕手が弾いたが、振り逃げを狙って走らないオコエにヤジが飛んだ。

 めげずに「バットに当たった」と主張したが判定は空振り三振。梨田監督から「本人は走らないことでバットに当たったとアピールしたというが、ジャッジは審判がするもの。走らないといけない」と苦言を呈された。

 2つ目は守備練習だ。右翼からの本塁送球で見事なレーザービームを披露したかと思うと、バックネットに突き刺さる大暴投も。梨田監督は「カバーの頭上を越えるようじゃダメ。回転のいいボールを投げているが3球に1球ではね。9割はいかないと」と厳しい。

 3つ目は打撃練習。この日は右方向を意識し、37スイング。オコエは「左方向ならスタンドまで飛ばせる。右にも飛ばせるようになってきた」と手応えを口にしたが、梨田監督からは「右打ちなら右という確実性がない」とバッサリ斬られた。

 特にシート打撃のプレーは指揮官から直接の注意も受けた。サブ球場で追加の送球練習も課された。もっともダメ出しは「成長している」と認められた上での叱咤激励。オコエも「色々やってます」とめげる気配はない。プロ1年目の秋。日々の実りは多い。(君島 圭介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース