オリックスは静観姿勢強調 糸井の返信待つだけ

[ 2016年11月12日 06:12 ]

阪神とのFA初交渉を終え報道陣に対応する糸井は、質問に上を見つめ考える

 阪神と交渉に臨んだ糸井について、オリックスは改めて静観姿勢を強調した。高知での秋季キャンプを視察中の長村裕之球団本部長は、交渉後も糸井サイドから連絡はないとし「これ(阪神との交渉)について特別コメントすることはありません」と話すにとどめた。既に4年総額18億円の条件を提示しており「もう一度話を聞きたいというなら、場を設けますが、こちらからアクションをおこすことはありません。これまで話している通り。(再交渉の場合の)上積みもないです」と糸井からの返答を待つ。

 福良監督も同本部長の判断に同調する形で、糸井について言及。「変わらないですよ。向こう(阪神)の話をちゃんと聞いたということで。こちらは待つだけですから」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース