合同トライアウト開催 新垣、3人抑える「悔いなく投げられた」

[ 2016年11月12日 17:38 ]

シート打撃に登板した、元ヤクルトの新垣

 プロ野球で戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウト(入団テスト)が12日、甲子園球場で65人が参加して行われ、ヤクルトを戦力外になった新垣渚投手や、ことしはDeNAに所属した久保裕也投手、楽天などでプレーした後藤光尊内野手らが各球団の編成担当者にアピールした。

 シート打撃形式で行われ、36歳の新垣は打者3人を二ゴロ、二ゴロ、二直に抑え「きょうで終わってもいいようにと思ってマウンドに立った。悔いなく投げられた」とすっきりした様子。獲得の声がかからなければ「引退ですね」と覚悟しているが、同学年でソフトバンクの和田毅、松坂大輔両投手が現役を続ける姿に刺激を受けており「自分ももうひと花咲かせたい」と切望した。久保は「思い切りやれて良かった」と穏やかに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース