宮西&秋吉無失点!中継ぎスペシャリスト「変則侍」が猛アピール

[ 2016年11月12日 06:25 ]

侍ジャパン強化試合 ( 2016年11月11日    東京D )

<メキシコ・日本>8回表に三人目の投手で登板した宮西

 左右の「変則侍」がWBC本番へ猛アピールに成功した。8回からマウンドに上がった宮西(日本ハム)は、本来の左キラーの役割ではなく右打者3人が相手だったが3者凡退とピシャリ。9回に登板した秋吉(ヤクルト)も1安打無失点に抑えた。外国人打者に特に有効な変則投手たちの快投に権藤投手コーチも賛辞を並べた。

 「2人とも持ち味を出していたね。宮西は左のワンポイントなら抑えるに決まっているけど、右打者も合ってない。凄くいい投手だね」

 来春のWBCではチームで先発を任されているエース級を中継ぎで起用するのではなく、スペシャリストを選ぶ方針。その有力候補がこの2人だ。侍デビューになった宮西は「できれば左打者に対してアピールしたかったけど、右も抑えたらそれはそれでプラスになる」と納得の表情。秋吉も「走者を出したけど、その後を抑えられたのが良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース