秋山3安打4打点WBC本番定位置獲りだ!4年ぶり右翼守備も

[ 2016年11月12日 05:30 ]

侍ジャパン強化試合 ( 2016年11月11日    東京D )

<メキシコ・日本>7回1死一塁、秋山が適時二塁打を放つ

 秋山(西武)が3安打4打点とWBC本番での定位置獲りへ猛アピールした。前日は2番を務めたが、この日は9番に座り「いい形で回すというのは変わらない。好機のときはなるべく早いカウントで打っていければと思っている。いい結果になって良かった」。

 2、7回に適時二塁打を放つと、8回には中前適時打でダメ押し。小久保監督も「秋山が非常にいいつなぎをしてくれた」と絶賛した。守備では5回から7回まで、鈴木と入れ替わり右翼の守備にも就いた。12年以来4年ぶりの右翼だったが「首脳陣の期待もあると思うので応えないと」と必死だった。

 ▼鈴木(右翼からシーズンで守っていない中堅に回り)こういう試合で(中堅守備を)経験できているので、しっかりやっていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース