作新学院 ドラ1・今井後継の大関踏ん張れず5回4失点KO

[ 2016年11月12日 05:30 ]

明治神宮野球大会第1日 ( 2016年11月11日    神宮 )

<明徳義塾・作新学院>4回を6安打5失点の作新学院先発・大関

 作新学院は再三の好機を生かせず、初戦で敗れた。今夏の甲子園優勝投手で、西武にドラフト1位指名された今井の背番号1を引き継いだ右腕・大関は4回5失点KO。「今までは追い込んで甘く入っても凡打にできたが、全国レベルでははじき返された」と振り返り、野手も3失策で足を引っ張った。

 夏春連覇が懸かる来春のセンバツに向け、小針崇宏監督は「守備走塁をもっと厳しくやりたい」と話していた。

  ▼明徳義塾・北本(2失点完投。今夏の甲子園準決勝で敗れた作新学院に雪辱し)あの負けがあって、絶対に勝ってやろうという気持ちがあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月12日のニュース