カブスVに地元シカゴ熱狂 本拠地周辺にファン集まり号泣

[ 2016年11月4日 05:30 ]

ワールドシリーズ第7戦 ( 2016年11月2日    クリーブランド )

カブスの優勝を喜ぶ地元ファン(AP)

 108年ぶりの世界一に、カブスの地元シカゴも熱狂の渦に包まれた。現地時間午後11時47分だったが、本拠リグリー・フィールド周辺には大勢のファンが集まり、号泣しながら抱き合った。

 カ軍の歴史が変わる瞬間を見届けるため、少しでも球場近くで見たかったというクレイグ・リックハイトさん(50)は妻と息子と家族3人で駆けつけ「私の父が今年亡くなった。彼もこの瞬間を喜んでくれるだろう」とうれしそうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月4日のニュース