辻新監督、じっくり鍛える 5日から秋季キャンプ

[ 2016年11月4日 05:30 ]

 西武は10月6日から西武プリンスドームなどで行っていた秋季練習を打ち上げた。辻新監督は2年目・山田らの居残り特守を最後まで見守り、身ぶり手ぶりを交えて指導。5日からの宮崎・南郷での秋季キャンプを前に「野手に関してはそこそこかな。投手は向こう(キャンプ)でシート打撃とかがあるから」と話した。

 キャンプでは各自がバント、守備、小技などに取り組む。指揮官は「そんなにすぐ良くなったら、みんなレギュラーになっちゃう。時間はありますよ」と、じっくり鍛え上げていく方針だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月4日のニュース