大田「泥くさく」栗山監督期待「持っているものの大きさはこんなもんじゃない」

[ 2016年11月4日 20:24 ]

会見で笑顔を見せる(左から)大田、栗山監督、公文

 日本ハムに巨人からトレードで加入した大田泰示外野手、公文克彦投手が4日、千葉県鎌ケ谷市内で入団記者会見に臨み大田は「これからファイターズの大田泰示になれるように精いっぱい頑張る」と抱負を語った。

 大田は右の長距離砲として期待されながら、巨人では定位置を獲得できなかった。「とにかく思い切って野球をやる。泥くさく野球をやっていくことを見せられればいい」と心機一転、新天地に臨む。会見に同席した栗山監督は「持っているものの大きさはこんなもんじゃない」と期待した。

 公文は手薄な左の中継ぎとして期待されており「少しでも優勝に貢献できるように、がむしゃらに精いっぱい頑張りたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月4日のニュース