栗山監督がお忍び?高校野球観戦 清宮らチェック

[ 2016年11月4日 08:38 ]

秋季高校野球東京都大会決勝 ( 2016年11月3日    神宮 )

 日本一に輝いた日本ハムの栗山監督が三塁側スタンドで決勝を観戦した。清宮ら来年のドラフト候補らの視察を行ったもようで、7回まで見届けると「またコメントするので、きょうは勘弁して」と球場を後にした。

 この試合の観衆は2万人。午前10時30分ですでに2000人が行列を作り、一時は500メートル離れたイチョウ並木まで列が伸びた。秋季東京大会で初めて内外野全席が開放され、昨夏甲子園出場時の主将だった加藤雅樹(早大)らも駆けつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年11月4日のニュース