ヤク CS進出決定、山田2発 ライアン11勝 バーネット球団新38S

[ 2015年9月24日 21:12 ]

<ヤ・D>1回1死一塁、山田が左翼に35号先制2ランを放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト4―2DeNA

(9月24日 神宮)
 ヤクルトが山田の2発と好継投でDeNAを下し4連勝、今季最多の貯金10として3年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。巨人が勝ったためマジック点灯はお預けとなった。

 初回1死から川端が左安打で出塁すると、山田が左越えに35号2ランを放って先制した。2回に1点差とされたが、3回には再び山田が左越えにライナーで36号ソロを叩き込んでリードを広げた。再び1点差とされた直後の4回には川端の適時二塁打で加点し、そのまま押し切った。

 投げては先発小川が粘りの投球で6回4安打2失点で役割を果たすと、この後を秋吉、久古、オンドルセク、バーネットが無失点リレーで締めた。小川は11勝目、バーネットは球団新記録の38セーブ目。

 DeNAは先発石田が安定感を欠き4回途中で4失点KO、打線は5回以降沈黙し連敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月24日のニュース