ベンちゃん、5回宙に舞う 今後は「ファンに戻る」声詰まらす場面も

[ 2015年9月24日 22:24 ]

ナインに胴上げされる和田

セ・リーグ 中日4―2阪神

(9月24日 ナゴヤD)
 今季限りで現役引退する中日の和田一浩外野手(43)が24日、ナゴヤドームで行われた阪神とのホーム最終戦で引退試合に臨み、4―2で勝利を飾った試合後にチームメートの手で5回宙に舞った。

 「5番・左翼」で先発した和田は2回の第1打席で左前に安打を放ち、同じく今季限りで現役を引退する谷繁兼任監督のタイムリーで先制のホームを踏むなど3打数1安打で19年間のプロ野球生活にピリオドを打った。

 5回の第3打席で遊撃へのゴロに倒れた後で交代。4人の子どもに花束を贈られると、さすがに感極まって涙を見せた。試合後は笑みを浮かべながら、マウンド付近で5回の胴上げ。続いて、胴上げを促された谷繁監督が首を振って固辞する姿勢を見せると、笑顔の和田が背中を押し、それにようやく応じた谷繁監督が5回宙に舞うシーンもあった。

 そして、最後のヒーローインタビュー。「ようやく終わったなというちょっとホッとした気持ちと、もっとやりたかったという気持ちも少しあるが、本当にいいチーム、いいチームメートに恵まれて、やりがいのある野球人生だったと思います」と充実感をにじませた。

 2回の第1打席では、通算2050本目となる安打を左前に放った。「勝つために何とか打ちたいなという気持ちで打席に入ったので、何とか皆様にヒットを見せられて本当に良かったと思います」と振り返った和田は、その後、谷繁の左前打で先制のホームを踏んだ。ホームインの瞬間は「何か特別なものというか、今まで感じたことのない微妙な気持ちではあったが、本当にうれしかったですね」と回想。そして、遊撃へのゴロに終わった5回の最終打席については「終わったな…という…」と言って言葉を詰まらせ「…感じですね」と涙ぐみ、声を震わせた。

 自身が日々結果を問われるプロ野球選手であることから、長年ともにプレッシャーを感じていたであろう家族に「感謝しかない」と口にした和田。今後に向けては「今までのようにドラゴンズファンに戻って、ドラゴンズの優勝を夢見ながら応援したい」と話し、晴れやかな笑顔に戻った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月24日のニュース