薮田 4回途中4失点で降板 広島初新人デビュー2戦2勝ならず

[ 2015年7月8日 21:23 ]

<広・D>1回、押し出しで先制点を許し厳しい表情でベンチにもどる薮田
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島1―7DeNA

(7月8日 三次)
 広島のドラフト2位ルーキー・薮田が、2戦目でプロの洗礼を浴びてしまった。

 この日は4回途中4失点で降板。広島の新人初となるデビュー2戦2勝はならず。初黒星を喫した。

 1日の巨人戦はで5回を2点に抑え、初登板初勝利を挙げたが、この日は初回から制球に苦しみ、押し出し四球で1点を失った。さらに4回は5長短打で3点を奪われ、マウンドを降りた。

 プロ2戦目を前に「前回は5回だけしか投げていない。1イニングでも長くしたい」と語っていたが、厳しい結果となってしまった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース