七夕は背番号7の長野デー 貴重同点打 三塁激走

[ 2015年7月8日 05:30 ]

<巨・ヤ>6回1死満塁、右中間に3点適時三塁打を放つ巨人・長野

セ・リーグ 巨人5-4ヤクルト

(7月7日 東京D)
 巨人・長野が貴重な同点打を放った。3点を追う6回1死満塁から走者一掃の右中間三塁打。初球の甘く入った直球を仕留めた。背番号は7で、この日は7月7日で「長野久義デー」。

 阿部とともに上がったお立ち台では「とにかくつなごうと思った」と胸を張った。かつて第75代の4番を務めた男は交流戦明けから1番で出場していたが、勝負強さが出てきたことから5番へ。最近は下半身のコンディション不良を抱えながらも、三塁まで激走を披露して「気付いたら走ってました」と笑顔で振り返った。

 ▼巨人・高木勇(5回5安打4失点で5月24日以来の7勝目ならず)これだけ失点すると勝つ確率は減るので反省したい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース