ライアン小川 6回暗転でチーム3連敗「あの1球は失投」

[ 2015年7月8日 05:30 ]

<巨・ヤ>逆転を許しベンチで汗をぬぐう小川(中央)

セ・リーグ ヤクルト4-5巨人

(7月7日 東京D)
 好投を続けていたヤクルト先発の小川が、4―1の6回に突如崩れた。

 先頭の立岡に中前打を許し、1死二塁から坂本の四球と亀井の右前打で満塁とされ、長野に走者一掃三塁打を浴びて同点。「あの1球は失投です。先頭を出して、もう一つギアを上げて勝負できていれば」と悔やんだ。チームの連敗は3に伸び、真中監督は「6回は粘ってほしいところ。乗り越えてほしいですね」とエースにさらなる成長を促していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース