西武・岡田がプロ初本塁打!豪快にレフトスタンドへ運ぶ

[ 2015年7月8日 21:04 ]

<西・オ>7回、岡田(中央)は1死の場面で左越えにソロ本塁打を放ち、ベンチの祝福を受ける

パ・リーグ 西武―オリックス

(7月8日 西武プリンス)
 西武の岡田雅利捕手(26)が8日のオリックス戦でプロ初本塁打となる1号ソロを放った。

 岡田は6回の守備から途中出場。7回にこの回からマウンドに上がったオリックスの2番手・山崎福の投じた136キロのストレートを完ぺきに捉えると、打球は高々と舞い上がり、ライオンズファンの待つライトスタンドへと消えた。

 13年にドラフト6位で西武に入団した2年目。39試合、50打席目での一発に中村をはじめチームメートから手荒い祝福を受け、ベンチで満面の笑みを浮かべる姿が印象的だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース