エンゼルス プホルス 息子の後押しで6年ぶり本塁打競争出場へ 

[ 2015年7月8日 14:37 ]

エンゼルスのアルバート・プホルス内野手 (AP)

 エンゼルスのアルバート・プホルス内野手(35)が7日、オールスター戦(シンシナティ)前日の13日に行われる本塁打競争に出場する意思を明らかにした。

 プホルスが本塁打競争に参加するのは03年、07年、そして09年に続いて4度目。過去に優勝の経験はない。6年ぶりの出場の背景には2人の息子の後押しがあったという。

 オールスター戦でも故障者リスト入りしたタイガースのカブレラの代わりに先発出場が予定されているプホルス。「本塁打競争に参加できてうれしい。ファンには楽しんでもらいたい」と意気込みを語った。

 メジャー15年目のベテランは今季、7日現在でリーグトップの26本塁打をマーク。さらにチームトップの56打点とここまで好調を維持している。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース