森野 左対左も代打V犠飛 ズバリ谷繁監督「場数踏んでいるから」

[ 2015年7月8日 05:30 ]

<神・中>7回1死満塁、森野は先制の中犠飛を放つ

セ・リーグ 中日3-0阪神

(7月7日 倉敷)
 7回1死満塁で、好投していた若松の代打に指名された中日・森野がフルカウントまで粘り、執念の中犠飛。若松に1カ月ぶりの勝ち星をプレゼントした。

 「気持ち。あそこでバットにも当たらなかったら、ズルズルいく。そういう点でよかったね」と振り返った。策が的中した谷繁兼任監督は「経験、場数を踏んでいるから。それで森野を選んだ」と左投手に左打者を起用した理由を明かしていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース