日本開幕2連勝!韓国戦に続き中国にも快勝 ユニバ夏季大会

[ 2015年7月8日 05:30 ]

予選リーグA組 日本9―0中国

(7月7日)
 ユニバーシアード夏季大会(韓国・光州)の野球競技は7日、予選リーグが行われ、侍ジャパン大学日本代表は中国を9―0で下し、開幕2連勝を飾った。3回に5安打を集中して一挙9点を先制。試合は5回降雨コールドとなったが、沢田圭佑投手(立大)、井口和朋投手(東農大北海道オホーツク)の継投で無失点に抑えた。

 初代表バッテリーが悪天候に負けず力を発揮した。先発・沢田は4回2安打無失点。「チェンジアップが良かった」と5三振を奪った。2番手の井口が1回無失点と続き、捕手の宇佐見(城西国際大)も冷静なリードを見せた。雨でコンディションが悪い中だったが、善波達也監督は「どんな状況でも懸命にプレーできる選手を選んだ」と自信を見せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース