黒田登録抹消 右足首と右肩の炎症…後半戦に向け回復に努める

[ 2015年7月8日 16:34 ]

前日のDeNA戦で黒星を喫した黒田が登録抹消に

 広島の黒田博樹投手(40)が8日、出場選手登録を外れた。球団によると、前日のDeNA戦で4敗目を喫した黒田はこの日、広島市内の病院で検査を受け、「右足首及び右肩の炎症」と診断された。

 松原1軍チーフトレーナーは「(5月に痛めた)足の影響もあると思うが、肩の不安も出てきた。後半戦に向けてコンディショニングを整える期間を設けたいとの提案をさせてもらい、本人にも納得してもらった」と説明した。

 当初予定されていた阪神戦(14日・甲子園)の先発を回避し、後半戦に備えて改善に努める。17日からのオールスター戦には出場する予定。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース