黒田 マツダ初黒星も「また切り替え」 7戦目で不敗止まるも逆襲誓う

[ 2015年7月8日 05:30 ]

<広・D>初回、2点を失った黒田

セ・リーグ 広島1-3DeNA

(7月7日 マツダ)
 広島・黒田が、ここまで6戦3勝無敗だったマツダスタジアムでの登板で初めて負けた。6回まで投げ、6安打3失点で4敗目。初回にいきなり2点を失い、その後も再三のピンチを背負った苦しい投球を「何とかしのいでという感じだった」と振り返った。

 初回は1死一塁から梶谷に左翼線へ運ばれた。本塁でのクロスプレーは、石原が送球をしっかり捕球できずに先制点を許した。続く筒香の左翼への飛球もエルドレッドの追い方がまずく、適時二塁打となった。だが、その後は打者の外角を際どく攻めて要所を締め、失策絡みで失った5回の1点のみに抑えた。

 前回登板した6月30日の巨人戦は、完封目前の9回に逆転を許して1―2のサヨナラ負けを喫した。翌7月1日から始まったチームの連勝は4でストップ。黒田は「また切り替え、コンディションを整えて臨みます」と逆襲を誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2015年7月8日のニュース