グラウンド上に“珍客”現る 対応する球審の姿にファン大喜び

[ 2015年7月8日 16:46 ]

リグレー・フィールドに現われたカモを追い払う球審 (AP)

ナ・リーグ カブス5―3カージナルス

(7月7日 シカゴ)
 カブスは7日にカージナルスとホームでダブルヘッダーを行ったが、その第2試合の途中に“珍客”が現れた。

 2回のカブス攻撃時、同じ鳥類のチーム名に親近感を覚えたのかカージナルス(米国で愛されている野鳥)のベンチ前に何とカモが登場。選手はひまわりの種を与えるなどして楽しんでいたが、さすがに試合の妨げになると考え、球審がグラウンドから追い払った。

 リグレー・フィールドのファンはこの光景に大喜び。カージナルスはダブルヘッダーで連敗を喫したが、球場から姿を消したカモに勝ち運をもっていかれてしまったかどうかは定かではない。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年7月8日のニュース