失策の豊橋工・鈴木「捕れず申し訳ない」途中からの風に惑わされ…

[ 2015年3月26日 12:36 ]

<東海大四・豊橋工>7回2死満塁、東海大四・邵の飛球を豊橋工・二塁手鈴木(左)が落球する間に3人が生還。右翼手岡

第87回選抜高校野球第6日・1回戦 豊橋工0―3東海大四

(3月26日 甲子園)
 初出場の豊橋工にとって痛恨の失策だった。0―0の7回2死満塁。二塁手後方に高々と上がった打球を二塁手の鈴木が捕球できず、一気に3人が生還。鈴木は「打ち取った打球を捕れず申し訳ない」と淡々と仲間にわびた。

 試合途中から風が出たという。鈴木は「ライトに任せようと思ったけど、(風で)戻ってきたので捕ろうとした」と悔やんだ。林監督は「鈴木はそれまで、いいプレーをしていた。勝ち負けは監督の責任」とかばった。

 ▼豊橋工・森奎投手(13奪三振の力投)「初めて何万というお客さんの前で投げて楽しめた。夏、またこの舞台に帰ってきたい」

 ▼豊橋工・中村主将(代打で四球を選ぶ)「自分が出て、ヒットを打って、流れを変えてやろうとずっと思っていた。みんなと一緒に校歌を歌いたかった」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月26日のニュース