札幌Dファウルボール訴訟、失明で4190万円支払い令 球団は控訴検討

[ 2015年3月26日 13:45 ]

 札幌ドーム(札幌市)の内野席でプロ野球観戦中にファウルボールが当たって右目を失明した市内の30代女性が北海道日本ハムファイターズなどに計約4650万円の損害賠償を求めた訴訟で、札幌地裁(長谷川恭弘裁判長)は26日、球団などに約4190万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

 判決理由で長谷川裁判長は、内野席前のフェンスではファウルボールを遮ることはできなかったと指摘。「球場の設備は危険を防止するに足りず、安全性を欠いていた」と指摘した。

 球団側は「観客は打球に注意しさえすればファウルボールの直撃を回避できる。事故当時、場内の大型ビジョンやアナウンスで注意喚起もしており、十分な対策を講じていた」と反論していた。

 判決を受け、日ハムは「野球観戦の本質的な要素である臨場感が失われることを懸念する。野球界全体に及ぼす影響も十分に考えられ、控訴を視野に検討する」とのコメントを発表した。

 判決によると、女性は2010年8月21日、夫や子ども3人と日本ハム対西武戦を観戦していた際、ライナー性のファウルボールの直撃を顔に受け、右顔面骨骨折や右眼球破裂の重傷を負った。

 球団以外の被告は球場所有者の市、管理会社の札幌ドーム(札幌市)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月26日のニュース