グリエル最悪退団も 「完治するまで」来日要請拒否、ビザすら取らず

[ 2015年3月26日 06:30 ]

このままバイバイ…。来日のメドが立っていないことが分かったDeNAのグリエル=14年10月撮影

 DeNAは25日、ユリエスキ・グリエル内野手(30)が右太腿裏痛のため、26日に予定していた来日が遅れると発表した。球団は早期合流を求めているが、完治するまでキューバに残ることを伝えてきたという。また、新加入の弟・ルルデス・グリエル内野手(21)も左手首痛で合流を見送ることになった。契約金を含む総額5億円で再契約した「キューバの至宝」だが、来日のメドは立っておらず、最悪の場合、このままプレーせずに退団する可能性もある。

 全体練習が始まった午後5時すぎ。横浜スタジアムの一塁ベンチ前で、高田繁GMはY・グリエルに来日のメドが立っていないことを明らかにした。その口調には怒りが込められていた。

 「26日に着く予定でしたが、結論は来ません。右のハムストリングの状態が悪い。それが完治してから来るということ」

 さらに続けた。「本人、(キューバ)政府と話して“こちらに来て(右太腿裏痛の状態を)見せてほしい”と言ったが、“完治するまで日本に行かない”の一点張り。(来日は)いつになるか分からない。抗議?どこにすればいいんだよ!」

 完全に「約束」をほごにされた。キューバの国内リーグに出場していたY・グリエルだが、所属チームは18日に2次リーグで敗退。全日程終了の4日後に日本へ出発する取り決めがあった。球団は早ければ、31日の広島戦(横浜)で1軍に合流させる見通しだった。

 国内リーグの終盤は代打で出場しており、右太腿裏を痛めているのは事実とみられる。ただ、症状や全治などは一切不明。球団は診断書の送付をキューバ政府に求めたが、受け入れられず。また、キューバの日本大使館にビザ申請書類一式をそろえて航空券も手配しているが、いまだ大使館を訪れていないという。「日本なら首根っこ捕まえて(ビザを取りに)行かせるがそうもいかない。話し合いにならない」と高田GMもあきれ顔だ。

 Y・グリエルは昨年5月に入団し、62試合出場ながら打率・305、11本塁打をマーク。球団はオフに年俸3億5000万円、契約金などを含めて総額5億円という破格の1年契約で、巨人との争奪戦を制した。2年目の今季はさらなる期待を懸けていただけに、大誤算。兄と一緒に、2年契約を結んだ弟のL・グリエルも左手首痛を理由に、来日時期については「兄と同じだと言っている」と言う。キューバ側からは不可解な返答ばかりで、球団としては八方ふさがりの状態だ。

 オープン戦を8勝4敗3分けとリーグトップの成績で終え、中畑監督も就任4年目の戦力に手応えを感じていた。「グリエルを当てにせず戦ってくれ」と高田GMから伝えられた指揮官は「状態が良くないなら、いてもらっても困る。もともと穴はない。マンホールのふたは閉まっている」と気丈に語った。

 球団は、Y・グリエルが7月にキューバ代表として国際試合に出場するために、約1カ月近くチームを離れることを認めており、ケガが完治しても、いつ来日するかは全く不明だ。チームに動揺が走る不測の事態。開幕2日前になって、オープン戦好調だったチームに水を差された格好だ。

 ◆ユリエスキ・グリエル 1984年6月9日、キューバ生まれの30歳。走攻守そろった内野手として02年にキューバ代表入りし、以降ほぼ全ての国際大会に出場。04年アテネ五輪金メダル、06年WBCは二塁手でベストナインを獲得した。父ルルデス氏も同代表として92年バルセロナ五輪金メダル。昨年6月にDeNA入団。62試合で打率・305、11本塁打、30打点の成績を残した。1メートル83、89キロ。右投げ右打ち。

 ▼進藤ヘッドコーチ 来ていない選手を当てにすることはない。ここまでやってきたメンバーで戦うことは変わらない。

 ▼黒羽根 グリエルが来る来ないではなく、一人一人がやるしかない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月26日のニュース