ヤクルト ドラ1竹下、14日に1軍デビュー 教育リーグで好投

[ 2015年3月10日 17:46 ]

 ヤクルトのドラフト1位・竹下(ヤマハ)が14日からの楽天2連戦(静岡)で1軍デビューする方針となった。

 この日イースタン教育リーグ、西武戦(戸田)に7回から登板し、1イニングを無安打無失点。京セラドームでのオリックス戦後に報告を受けた真中監督は「14、15あたりに中継ぎで予定している」と明言。2軍スタートとなった2月の春季キャンプ中に1軍昇格が予定されていたが、左肘の張りのため見送り。将来の守護神候補との呼び声高い最速150キロ左腕が、待望の1軍合流となる。

 また風張はこの日の教育リーグ、西武戦で4回を投げ3安打1失点。こちらは先発候補とあって「きょう投げているので、神宮に戻ってからになるかな」と来週にも1軍デビューとなりそうだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月10日のニュース