東京ガス・山岡が完封 7安打も要所締め、指揮官「大きな収穫」

[ 2015年3月10日 12:59 ]

<JR東海・東京ガス>完封勝利を挙げた東京ガス・山岡

第70回JABA東京スポニチ大会予選リーグCブロック 東京ガス4─0JR東海

(3月10日 横浜)
 東京ガス・山岡泰輔投手が7安打完封の好投でJR東海を下した。

 初回、5回以外は毎回走者を背負ったが、最速147キロの直球と変化球のコンビネーションで得点を許さなかった。

 打線も2回、昨年5月に左太腿裏の腱を断裂するケガを負った地引雄貴捕手が復活の先制左越え2ラン。4回には村田穏行内野手の中越え2ランで援護した。

 菊池壮光監督は「1人の投手が投げ切れたことは大きな収穫だった」と満足そうに振り返った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月10日のニュース