巨人2軍人気UP作戦 撮影会、サイン会…イベント満載で週末満員だ

[ 2015年3月10日 07:50 ]

 巨人は9日、2軍の強化や活性化を目指した「G2プロジェクト」のスタートを発表。自ら中心となって企画を進めた久保博球団社長は「お客さまが少なくてもったいないと思った。週末を満員にしよう。若い選手に緊張感のある中でプレーしてもらいたい」と説明した。

 土曜祝日の試合開催日の中から選び「京王よみうりランド駅」からの臨時バスの運行や選手による出迎えや記念撮影会、サイン会、キャッチボール大会などを行う。目標は昨年の週末の平均観客数1185人を、2500人まで増やすこと。

 またジャイアンツ寮のメニューで選手に大好評のカレーを再現した「ジャイアンツカレー」も球場内売店で販売する。詳細は球団公式サイトまで。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月10日のニュース