マー君 ブルペンで変化球交え31球「順調に投げられている」

[ 2015年3月10日 09:28 ]

ブルペンでの投球練習を終え、ロスチャイルド投手コーチ(左)と話すヤンキース・田中(右)

 12日(日本時間13日)のブレーブス戦で今オープン戦初登板するヤンキースの田中は、ブルペンで捕手を座らせて31球を投げた。握りなどを確認しながらさまざまな変化球を交え「順調に投げられている」と満足そうだった。

 昨季痛めた右肘を考慮し、ややスロー調整を続けている。それでも制球、球威ともに良好で「準備はできている。試合の中で自分のやることをやるだけ」ときっぱり言う。

 昨年のオープン戦では同僚に投球スタイルを理解してもらいつつ、相手選手の反応を確かめることに集中した。2年目の今年は「ちょっとやってみたいこともある」と余裕が漂う。(共同)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月10日のニュース