ドラフト候補粘った!富士重工・小野 逆転被弾も粘って完投勝ち

[ 2015年3月10日 05:30 ]

<富士重工・Honda熊本>9回を8安打3失点で完投勝利の富士重工・小野

第70回JABA東京スポニチ大会予選リーグBブロック 富士重工6―3Honda熊本

(3月9日 上尾)
 ドラフト候補右腕の富士重工・小野が鋭いスライダーを中心に、3失点で粘りの完投勝利。

 6回にこん身の141キロ直球が甘く入ったところを今村に一時逆転の3ランを浴び「ムキになり過ぎた。もっと冷静にならないと」と反省した。女房役の唐谷は決勝打、スクイズを含む3打点で援護。桐蔭横浜大の3学年後輩を「集中力を切らさないよう一球一球アイコンタクトを送った」と好リードした。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年3月10日のニュース