ヤクルト移籍の成瀬 目標は「最低2桁」 開幕投手にも意欲

[ 2015年1月8日 14:12 ]

石川(奥)の前でキャッチボールする成瀬

 ロッテからヤクルトにFA移籍した成瀬善久投手(29)が8日、神宮外苑で行った自主トレを公開した。

 チームメートの石川、雄平、村中とキャッチボールやダッシュで約2時間汗を流した。移籍1年目となる今季の目標について「最低2桁勝利。規定投球回は当たり前。ローテーションを守って、結果的にリーグ優勝に結びつけられるような投球ができれば」と頼もしく語った。ロッテでは5年連続で務めていた開幕投手についても「シーズンに入るまでに自分の姿をアピールするだけ」と闘志を燃やした。

 年末年始は栃木県小山市に帰省して親族らと過ごしたという。2回引いたおみくじはいずれも「吉」だったそうで「無難で良かったと思う。今年も1年間ケガなく頑張れるようにお願いしてきました」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース