“ランボルギーニ”中田 西岡ツッコミ「日本の4番」に切り返し

[ 2015年1月8日 05:30 ]

捕手のトレーニングをする江村(手前)を笑顔で見つめる(左から)西田、西岡と中田
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が兵庫県西宮市内で始動。「体を動かすのは今年初めて。まだまだなまっている」と言いながらも、大阪桐蔭の先輩でもある阪神・西岡らとともにノックやティー打撃などで汗を流した。

 稲葉、金子誠の現役引退。小谷野、大引のFA移籍などでチームは大幅に若返り、栗山監督からは「頼むぞ」と声を掛けられており「個人的な結果は二の次。どういう形でもチームを優勝、日本一にさせる方法だけ考えたい」とチームリーダーとしての自覚をのぞかせた。この日はグラウンドに今オフ購入したランボルギーニで登場。西岡に「やっぱり日本の4番はランボルギーニですか?」とツッコまれ、「ランボルギーニだと思います」と切り返していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース