山本昌 貪欲に32年目のシーズンも「来年の今頃は練習しなくてもいいかも」

[ 2015年1月8日 20:08 ]

 昨季、プロ野球の最年長勝利記録を更新した中日の山本昌投手が8日、鳥取市のトレーニング研究施設「ワールドウイング」で自主トレーニングを公開した。キャッチボールを行うなど、精力的に体を動かし「現状のままでは去年と変わらない。何かいいものを探していければ」と貪欲に話した。

 今オフのテーマは直球という。昨年はカーブを磨き直して「武器になった」と手応えを得た。もともとスクリューボールを得意とする左腕。「相乗効果を出すにはやっぱりストレート」と、質の良い直球を求めフォーム改良に取り組んでいる。

 32年目のシーズン。8月には50歳を迎え「来年の今頃は練習しなくてもいいかも」と笑った。それでも「どんな困難に直面しても最後まで頑張るのは間違いない」と力強く言い切った。

 昨季、セ・リーグ最多勝と勝率第1位の2冠に輝いた山井大介投手も8日、鳥取で練習。「去年は悪いシーズンではなかった。特別何かを変える必要はない」と、マシンでのトレーニングなどで汗を流した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース