山口 体重5キロ減目標!J2札幌の寮母らも同行、食事から改革

[ 2015年1月8日 05:30 ]

自主トレで、負荷をかけるベルトを装着しバットを振る山口

グアム自主トレ

 左肘痛から8年連続60試合登板を目指す巨人・山口が、内海らとともにパセオ球場で自主トレをスタート。現在91キロの左腕は「ベストが86キロなので、そのぐらいにしたい。帰国を楽しみにしててください」と約2週間で5キロの減量を誓った。

 昨年10月末に都内の病院で「PRP(多血小板血しょう)療法」という注射治療を左肘に受けた。リハビリ段階だが、初日から砂浜ランニング、約150メートルのインターバル走など約6時間の練習をこなし「良いスタートが切れた」と汗を拭った。

 自主トレにはJ1神戸のフードコーディネーター・村野明子さん、J2札幌の寮母・松浦沙耶花さんが同行。内海、山口、笠原を減量組、小山、宮国を増量組に振り分け、高タンパク低脂肪の食事を提供。アルコールはこれまで一日缶ビール2本までOKだったが、休日の前日以外は禁酒も課された。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース