デーブ楽天 初対外試合は2・17阪神戦 星野SAも来る!

[ 2015年1月8日 08:08 ]

楽天の大久保新監督

 楽天・大久保新監督の国内チームとの「初陣」が、2月17日に昨季の日本シリーズ出場チームである阪神との練習試合(宜野座)となることが7日、分かった。当日は昨季限りで監督を退任した星野仙一シニアアドバイザー(SA)も現地観戦する予定だ。

 「紅白戦と対外試合の意識は違う。対外試合は全て勝ちにいくつもり。昔の巨人や西武とか強かったチームは、2月のオープン戦から勝負の意識が強かった」と大久保監督。2月1日のキャンプインから13日までは沖縄・久米島で練習を行い、その後は実戦を多くこなしていくために沖縄本島の金武町に移動。15、16日に韓国プロ野球チームと練習試合を行い、17日の阪神戦に挑む。

 星野SAにとっては、かつて指揮を執りリーグ優勝に導いた両軍の戦いを見守ることになる。最下位からの巻き返しを目指す大久保監督は星野SAの「バッテリーを中心とした守りの野球」を継承する意向。闘将の目の前でふがいない試合はできない。勝負にこだわり、白星を奪いにいく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース