ソフトB中村 手術後初のティー打撃「スムーズにできた」

[ 2015年1月8日 05:30 ]

自主トレを公開しティー打撃を行う中村

 昨季176安打でパ・リーグ最多安打のタイトルを獲得したソフトバンク・中村が、福岡市の西戸崎合宿所で昨年11月の左肘手術後、初めてティー打撃を行った。

 感覚を確かめるように約30球を打ち「痛みもなく、スムーズにできた。良かった」と順調な回復に落ち着いた表情だった。今季は最多安打よりも打率と出塁率のタイトルを狙うといい、「下半身を強化して、球の見極めが大切」と課題を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース