糸井 今季は“イチ尽くし” イチローとも極秘トレで刺激

[ 2015年1月8日 05:30 ]

今季の漢字を「一」と記した糸井

 オリックス・糸井は、イチロー(ヤンキースからFA)と昨年末にほっともっとフィールド神戸で合同自主トレを行い、新たな刺激を受けたことを明かした。

 「いやあ、すごかった。キャッチボールから何から。最初は小学生がプロを見るような目で見ていました」と目を輝かせ、夢のような時間を振り返った。

 糸井は昨年12月15日の契約更改交渉後に、同球場で自主トレを行っていたイチローと遭遇。首位打者獲得を祝福されると同時に「たまにおいでよ」と誘われていた。憧れの人とのコラボはわずか1日だったが、共有した濃密な時間は財産となった。「“またやろう”と言っていただいたので、極秘でやります」と“再合流”も視野に入れる。

 今季の意気込みを表す漢字一字には「一」を選択した。今季から人生初のキャプテンに就任することもあり「みんな一つになって頂点に立つ」と説明。昨季は両膝痛に苦しめられただけに、自主トレでは下半身強化に主眼を置き、約6時間の練習をこなした。「優勝したいし、自分でも何かで一番を取りたい」。糸井の“イチづくし”の一年がスタートした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース