世界野球ソフト連盟会長 森・東京五輪組織委会長と会談へ

[ 2015年1月8日 05:30 ]

 2020年東京五輪での復帰を目指す世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ会長が18日に来日し、21日に大会組織委員会の森喜朗会長と会談することが7日、分かった。

 関係者によると、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長とも面談する見通しで、08年北京五輪以来の実施に向けてアピールする。アマチュア野球を統括する全日本野球協会(BFJ)、日本野球機構(NPB)と日本ソフトボール協会の3者による対策委員会も、来日に合わせて開催する方向で調整している。国際オリンピック委員会(IOC)は昨年12月、開催都市に追加種目の提案権を認め、野球とソフトボールの実施が有力となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年1月8日のニュース