メッセ 元同僚スタンとの投げ合い制す 史上初の外国人開幕投手対決

[ 2014年10月26日 05:30 ]

<神・ソ>3回1死二塁、スタンリッジ(左)の送りバントで二走・今宮(右)を三塁でアウトにするメッセンジャー

日本シリーズ第1戦 阪神6-2ソフトバンク

(10月25日 甲子園)
 投げ勝った。軍配は阪神・メッセンジャーに上がった。史上初の日本シリーズ外国人開幕投手の対決。ソフトバンク・スタンリッジより長くマウンドにいたのは阪神が誇るリーグ最多勝右腕だった。

 「満足している。“落ち着け”と自分に言い聞かせながらも、打者に向かって攻める気持ちを常に忘れなかった」

 対ソフトバンク戦は今季交流戦で2戦2敗、防御率6・55。だからこそ、相手の出はなをくじく。メッセンジャーは何よりそのことを意識していた。「最初のイニングが大事。何とか3者凡退に抑えて、早く味方の攻撃のリズムをつくりたかった」。初回、柳田にカウント2ボールとしたが、3球目で中飛に仕留める。明石は空振り三振。内川は初球を打たせて二ゴロだ。わずか9球。これで自身もリズムに乗った。

 相手は昨季までのチームメート。今季は6月9日に甲子園で一度対戦したが、メッセンジャーは過剰に意識してしまい5回5失点でKOされた。一方のスタンリッジは3安打完封勝利。しかし「自分は相手投手と対戦するわけじゃない。打者と対戦するんだ」。9年ぶりのシリーズ開催に沸く甲子園でも平常心で貫禄の投球を披露。5回まで1安打。7回2失点と責任を果たしてマウンドを降りた。

 実は助っ人仲間のマートンと、CSを前にロッカーで「男の約束」を交わした。ともに今季で来日5年目。「まだ一度も日本一になっていない。絶対に今年は最後まで勝ち残ろう!」と固く誓い合った。CSファイナルシリーズで巨人を4連破した夜、都内の宿舎で早くも日本シリーズの開幕投手に指名された。スタンリッジとの再戦にも、中西投手コーチから「意識するような相手じゃない。向こうが意識すればいい」と助言された。

 阪神の助っ人が日本シリーズで先発勝利を挙げるのは、85年に2勝したゲイル以来。

 「いつもと同じように投げるだけだった。チームの雰囲気は最高だよ」

 次回は中4日で第5戦(ヤフオクドーム)の先発が待っている。短期決戦。頼れる右腕が、チームに勢いを呼び込んだ。

 ≪史上4人目≫メッセンジャー(神)が7回2失点で勝利投手。外国人投手の第1戦勝利は61、64年スタンカ(南海)、95年ブロス(ヤ)、09年ゴンザレス(巨)以来4人目で、阪神では初めて。第1戦に限らない阪神の外国人投手の勝利は03年ウィリアムス以来5人目になる。また、ソフトバンクの先発はスタンリッジで、外国人のシリーズ開幕投手は6、7人目。外国人投手同士による先発対決は6度目だが、過去5度はいずれも第2戦以降。史上初の外国人開幕先発対決は、メッセンジャーに軍配が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月26日のニュース