初出場の松戸国際 胸張る9犠打!宇都宮南下し8強入り

[ 2014年10月26日 05:30 ]

秋季高校野球関東大会1回戦 松戸国際4―1宇都宮南

(10月25日)
 松戸国際(千葉)は毎回の12安打にスクイズを含む9犠打と堅実な野球で、宇都宮南を下し初出場で8強入り。

 石井忠道監督は「こういう大会なので確実に前に進めた。これがウチの野球」と胸を張った。前チームから背番号1をつける4番・エースの植谷は「冷静に、マイペースでと心掛けた」と3安打1失点完投。打っても初回の先制打を含む2安打と活躍した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月26日のニュース