上本「独特の雰囲気があった」…トンネルも直後に汚名返上打

[ 2014年10月26日 05:30 ]

<神・ソ>4回1死二塁、ゴメスの適時二塁打で生還した二走・上本(背4)を出迎える阪神・和田監督(左)

日本シリーズ第1戦 阪神6-2ソフトバンク

(10月25日 甲子園)
 阪神・上本が汚名返上の一打を放った。

 4回1死から内川の平凡な二塁ゴロをトンネル。失点につながらなかったことが救いで、初のシリーズに「独特の雰囲気があった」と言う。その裏に先頭で中前打。ゴメスの二塁打で先制のホームを踏んだ。勝利に貢献した選手会長だが「エラーもした。ああいうプレーをしていたらダメ」と自らに言い聞かせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月26日のニュース