DeNA林 FA行使「悩む」…球団は宣言残留認めない方針

[ 2014年10月26日 05:30 ]

DeNAの林

 他球団への移籍を視野に国内FA権の行使を検討しているDeNAの林が「気持ちが完全に固まっていない。横浜の評価はありがたいし感謝している。でも、いろいろな選択肢がある中でまだ悩む部分がある」と揺れ動く胸中を語った。

 20日に球団が1回目の残留交渉で3年契約を提示。左の救援の柱として必要不可欠な存在と評価する一方、「宣言残留」は認めない方針を説明した。林は年俸2600万円で人的補償がないCランクのため、権利を行使すれば複数球団による争奪戦に発展する可能性が高い。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年10月26日のニュース