牧田 4日先発へ汗流す、5月は勝ち星なし「必死にやるしかない」

[ 2014年6月2日 16:07 ]

4日のDeNA戦先発に備えて調整した西武・牧田

 4日のDeNA戦(西武ドーム)に先発する西武の牧田が、全体練習で汗を流した。

 5月は勝ち星に恵まれなかったサブマリンは「必死にやるしかないです。初球から勝負のつもりでいかないといけない。なんとか粘って、最少失点で抑えたい」と力を込めた。4月29日の日本ハム戦(西武ドーム)以来の勝ち星を狙う。

 20日の巨人戦(同)は今季最短の3回5失点で降板。相手先発の杉内に安打を許して、大量4失点につながっただけに、DeNAの先発・三浦に警戒感を示した。三浦は906打数114安打と現役投手で2位の安打数を誇る。牧田は「三浦さんは打撃がいいので、単調にいかないようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月2日のニュース