西武メヒア 攻守にブレーキ おかわり弾空砲に

[ 2014年6月2日 05:30 ]

<西・中>7回1死、エルナンデスの一ゴロを後逸するメヒア

交流戦 西武4-8中日

(6月1日 西武D)
 西武は初回に中村の6号2ランなどで3点を先制するも、逆転負け。メヒアが攻守に精彩を欠いて連勝は3で止まった。

 3打数無安打で連続試合安打が12で止まった長距離砲は「(記録が)止まってしまったことは、どうしようもない」と前を向いたが、守備でも4―3の7回1死で一ゴロを失策。それが逆転を許すきっかけとなり、伊原監督は「きっちり処理したら、すんなり(投手が抑える)と計算していた」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月2日のニュース