マートン イライラ交代…和田監督、退場危惧し先手

[ 2014年6月2日 05:38 ]

<日・神>5回2死、マートン(右)は空振り三振に倒れ牧田球審に詰め寄る

交流戦 阪神4-1日本ハム

(6月1日 札幌D)
 阪神のマートンが「イライラ交代」となった。「5番・左翼」で先発し、1、2打席目は四球で出塁。ただ、一塁へ歩く際に荒々しくバットを放り投げるなど、普段と雰囲気が違った。

 さらに、空振り三振に倒れた5回の第3打席の2、3球目では、上体を起こしてしまい、バットを振るそぶりすら見せずに投球を見送るひと幕も。球審の判定に対して不満があったと見られる。ベンチもいら立ちを察し、まだ試合中盤にもかかわらず6回裏の守備から俊介と代えた。

 和田監督は「あれだけイライラしていたらね…。きょうはもう、あそこで(交代)」と話した。昨季は8月に審判への侮辱行為、9月に乱闘騒ぎで退場処分を受け、後者では1試合の出場停止処分もあった激高しやすい助っ人。その性格を考慮するとともに、チームの士気を下げないための措置を取った格好だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月2日のニュース