三塁行けたのに…ロッテ伊志嶺自重 “ちぐはぐ”零敗

[ 2014年6月2日 05:30 ]

<ロ・D>つながらない打線にいらつく伊東監督

交流戦 ロッテ0-1DeNA

(6月1日 QVC)
 ロッテはちぐはぐな攻めで今季6度目の零敗。1点を追う9回の攻撃が、全てを物語っていた。

 先頭の伊志嶺が中越え二塁打で出塁。ただ、三塁も狙えた当たりで、清水外野守備走塁コーチは「余裕で(三塁に)行けたのに、自分の判断で自重した」と厳しい表情で指摘した。続く根元がバントを決められず、後続も連続三振で最大のチャンスをつぶした。伊東監督も「勝てない野球をやっている!」と激怒。3連敗で交流戦首位からも陥落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月2日のニュース