上原、9球締めもセーブは付かず Rソックスは7連勝

[ 2014年6月2日 06:04 ]

レイズ戦の9回を締め、オルティスに担がれるレッドソックス・上原

 米大リーグ、レッドソックスの上原は1日(日本時間2日)、ボストンで行われたレイズ戦の9回に3番手で登板、1回を無安打無失点に抑えた。レッドソックスは4―0で勝ち、10連敗の後7連勝となった。

 4点リードとセーブのつかない場面での登板。上原は先頭のフォーサイスを3球で空振り三振に仕留めると、続くロニーを投直、エスコバルを左飛に打ち取り、わずか9球で最終回を締めた。

 ▼上原の話(7連勝に)一個一個やっていくしかない。(投直はグラブを)出したわけではなく、開いたところに入っただけ。(スライダーは)まだこれから。練習していきます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月2日のニュース