ロッテ唐川 中継ぎ転向も 最短KOで伊東監督が示唆

[ 2014年5月2日 05:30 ]

<楽・ロ>4回、降板する唐川(左)

パ・リーグ ロッテ4―8楽天

(5月1日 コボスタ宮城)
 ロッテ先発の唐川が3回1/3で6失点を喫し今季最短KO。初回にジョーンズに2ランを浴びると、4回にも4点を失った。

 チームの連勝を6で止め「久しぶりの登板で自分の投球ができず、こういう形になってしまって悔しい」とガックリ。不調で4月20日に出場選手登録を抹消された。1軍に同行して調整し、この日1軍に復帰したが、これで開幕4連敗。伊東監督は「もしかしたら中に入れるかもしれない」と中継ぎ転向を示唆した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース