広島 ロサリオ 大暴れ4安打も無情2軍行き キラ復帰へ

[ 2014年5月2日 07:44 ]

<神・広>6回2死三塁、打者・堂林の時、暴投の間に三塁走者・ロサリオ(左)が本塁を狙うもタッチアウト。捕手・梅野

セ・リーグ 広島6―1阪神

(5月1日 甲子園)
 広島の新外国人ロサリオが3回の第1打席に先制の2号ソロを放つなど、4安打2打点と大暴れした。

 新人の大瀬良を力強く援護し「最初に1本出て良かった」と胸を張った。背中に死球を受けて離脱したキラの代役として4月23日に1軍に昇格し、8試合で打率・333、2本塁打、4打点と堂々たる成績を残した。しかし3日にもキラが復帰し、ロサリオは2日に出場選手登録を外れ、再び2軍に戻る。ロサリオは「それは自分でどうこうできない」とやりきれない表情を浮かべ、野村監督も「本人は納得しないだろうが…」とばつが悪そうだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース