中日・田島 炎上5失点で2軍落ち 浅尾の代役期待も

[ 2014年5月2日 05:30 ]

<D・中>ベンチの中日・谷繁監督(左)と森コーチ

セ・リーグ 中日6―12DeNA

(5月1日 横浜)
 迷える右腕がまたも試合をぶち壊した。6―7と1点を追う8回、4番手で登板した中日・田島が四球で走者をためてから痛打を浴びるお決まりのパターンで炎上。1回を3安打3四球の5失点で2軍落ちが決まった。

 「修正ができませんでした…」。目を真っ赤に腫らせ口数少なく球場を後にした右腕。浅尾が不在のセットアッパーを任されながら、ここまで防御率8・80と、一向に調子が上がらないまま再調整となった。我慢の起用を続けて来た谷繁兼任監督は「今年スタートして、彼にあのポジションを任せた以上、何とか乗り越えてほしいと思ったけど、今の結果では」と苦い表情。ヤクルト、DeNAという下位を相手にまさかの4連敗を喫し、今季最多タイの借金4まで膨らんだ。

 ▼中日・友利投手コーチ(2試合連続炎上した田島に)チャンスをあげているのに“いらない”と言うんだから。(登録抹消かと問われ)1軍に置いておいて傷口を広げるならそうしないと。

 ▼中日・川上(勝敗つかずも4回7安打6失点)チームの悪い流れをつくってしまったことが悔やまれます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月2日のニュース